年金をもらって海外移住・ロングステイ

年金をもらって海外移住したり海外ロングステイで、リッチな生活ができることをテレビなどで放映されたり本も数多く出版されている。旅行会社の海外ロングステイ・セミナーはすぐ定員に達してしまうという。ロングステイ下見ツアーも定年を控えた50歳台夫婦を中心に盛況だそうだ。
マレーシア、タイ、フィリピンなどでは、月10万円あれば十分やっていける。月15万円あれば、日本では想像できない豪華な家を借りて、メイドまで雇えるという。本当かなと思うけれど、実際に生活している日本人は増えているらしい。受け入れ国もお金を落としてくれる日本の年金生活者は大歓迎だそうだ。
落とし穴はないのだろうか。
まず、年金の15万円、20万円あれば海外でリッチな生活ができるというのは、現在の円レート(1ドル105円程度)を前提としている。もし、少子高齢化が進み、日本の人口減少が進んで、円レートが210円になったとすると、月15万円で海外でリッチな生活をしていた人は、月30万円が必要となる。月20万円のリッチな海外生活は、月40万円が必要となる。
今の為替レートを前提とした海外での老後生活は、リスクが一杯である。
私はそれよりも「月10万円で豊かに暮らせる町&村」というテレビ番組のほうが好ましい。発想を変えれば、こんなに自然も豊かで、心も豊かに暮らせるのである。為替レートの影響もない。自然とともに生き、自然の恵みを受けて生きていけば、お金に頼った生活をする必要ない。インターネットを使えれば、情報格差もない。
あくせくと求め続けてきた日本人は、本当の豊かさ・幸せは何か考える時期にきているのではないだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「年金をもらって海外移住・ロングステイ」について

    Excerpt: 「年金をもらって海外移住・ロングステイ」について 再就職 NPO 独立自営 海外暮らし 田舎暮らし というのがこれかたの団塊世代の定年後の定番だと思います。 Weblog: 2015年の年金破綻回避 racked: 2005-06-02 19:41